Google Analytics(グーグル アナリティクス)で Yahoo!リスティング広告からのアクセスを解析する方法

Google Analytics(グーグル アナリティクス)で Yahoo!リスティング広告からのアクセスを解析する方法

It's Beginning to Look a Lot Like Christmas...
Creative Commons License photo credit: Ana Santos

検索連動型広告として広く利用されているYahoo! JAPAN リスティング広告(2009年9月までは「オーバーチュア」)。

また、無料のアクセス解析ツールとして多くの人が利用しているのが Google Analytics (グーグル アナリティクス)。

Yahoo!リスティング広告からのアクセスを Google アナリティクスで解析できるようにする方法を解説します。

URL 生成ツールを使って、解析用の URL を設定する

Yahoo!リスティング広告からのアクセスを解析するために、「Google Analytics の URL 生成ツール」を使って、解析用の URL を生成します。

Google Analytics URL 生成ツール

まず、ステップ1の「ウェブサイトの URL」には、広告のリンク先のURLを入力します。

次に、ステップ2の項目を入力します。

キャンペーンのソース」には、検索エンジン名やメールマガジンの名前など、リンクの参照元の名前を入力します。Yahoo!リスティング広告の場合、「yahoolisting」と入力すると良いでしょう。

キャンペーンのメディア」には、”CPC広告”や”メールマガジン”、”バナー広告”などの広告のメディア名(媒体名)を入力します。Yahoo!リスティング広告の場合、「cpc」と入力しておくと良いでしょう。

「キャンペーンのキーワード」、「キャンペーンのコンテンツ」は空欄でも大丈夫です。

キャンペーン名」には、プロモーション名を設定しておきます。Yahoo!リスティング広告に関しては「キャンペーン」名や「広告グループ」名を設定しておくと良いでしょう。

ウェブサイトの URL、キャンペーンのソース、キャンペーンのメディア、キャンペーン名を入力したら、「URL を生成」ボタンをクリックします。

すると、以下のような Google アナリティクスで解析できるようになる URL が作られます。

http://mincs.net/blog/?utm_source=yahoolisting&utm_medium=cpc&utm_campaign=%E3%81%8A%E4%B8%AD%E5%85%83_2010

この URL を Yahoo!リスティング広告の「リンク先URL」欄に設定します。

解析用の URL を設定すると、Google アナリティクスのレポートの [トラフィック] → [すべてのトラフィック] にて「yahoolisting / cpc」という項目で反映されます。

Google アナリティクス レポート
※上記レポートでは「キャンペーンのソース」欄に「overture」と設定しているため、「overture / cpc」という項目名になっています。

また「キャンペーン名」で設定した項目は、[トラフィック] → [キャンペーン]に反映されます。

Yahoo!リスティング広告の効果を分析し、改善するためにも、URL 生成ツールを活用しましょう。

プロが教える Google Analytics 実践テクニック
プロが教える Google Analytics 実践テクニック

コメント / トラックバック

現在、この記事へのコメント / トラックバックは受け付けていません。

この記事へのコメント・トラックバックはありません。

▲ このページのトップにもどる